【Jリーグ】8節までの結果

スポーツ

こんにちはみのむしチャンネルにようこそ!

今日はJリーグについて投稿させていただきます。
今週水曜日(4月7日)に第8節までが終了しました。
(川崎とC大阪は第11節も消化済み。また、対G大阪戦延期の影響により消化試合の少ないチームもアリ)

スポンサーリンク

順位表(4月7日第8節終了時点)

順位 チーム 試合数 勝点 得失
1 川崎F 9 25 8 1 0 18
2 名古屋 8 20 6 2 0 8
3 神戸 8 17 5 2 1 5
4 広島 8 16 4 4 0 7
5 C大阪 9 16 5 1 3 5
6 FC東京 8 15 4 3 1 3
7 鳥栖 8 14 4 2 2 8
8 横浜FM 7 14 4 2 1 5
9 徳島 8 11 3 2 3 1
10 浦和 8 11 3 2 3 -5
11 福岡 8 9 2 3 3 -2
12 清水 8 8 2 2 4 -4
13 札幌 7 7 2 1 4 1
14 鹿島 7 7 2 1 4 -2
15 湘南 8 6 1 3 4 -3
16 大分 7 5 1 2 4 -5
17 8 4 1 1 6 -7
18 G大阪 3 2 0 2 1 -1
19 仙台 7 1 0 1 6 -15
20 横浜FC 8 1 0 1 7 -17

上位チームについて

1位川崎は相変わらず良いサッカーをしていますね。
ピッチに立つ選手が「止める・蹴る・走る」という基本を高いレベルで出来きているのが素晴らしいです。狭いところでも平気でパス回ししますし遅攻も速攻も出来るし、対戦相手は対応が追い付かないままゴールを決められてしまいます。また、ベンチメンバーもスターティングメンバーと変わらない能力を持っているので、今のところ死角が見当たりません

少し勝ち点が伸びていませんが、サガン鳥栖は相変わらず頑張っていますね。
けが人が出なければ上位フィニッシュもあると思います。

「まだ8節」とも言えますが「もう8節」とも言えます。
川崎と名古屋が抜けていますが、優勝戦線に絡んでくるチームが増えてくると面白くなりますね。

下位チームについて

ここまで勝利が無いのが3チーム。G大阪はコロナの影響で試合数が少ないのでやむを得ないところが有りますが、ベガルタ仙台と横浜FCは少し心配です。そんな中、今週は横浜FCの下平監督が解任されてしまいました。今年はJ2に降格するチームが4チームという特殊な事情があるため、フロントも早めの決断になったんだと思いますが、ホントに早いなぁと思いました。
監督交代がどの様な結果を生むのか未だわかりませんが、チーム一丸となって頑張って欲しいです。

あとは柏ですね。柏どうした?って感じです。
監督は名将ネルシーニョですし経験豊かな選手も多いですし、このままズルズルいくとは思えませんがサポーターの方はきっと心配でしょうね。

まとめ

ここから5月下旬の17節まで、ルヴァンカップも含めると連戦が続きます。
安定したゲームを行うためにメンバー固定したままではコンディションに問題が出ますし、かと言ってスターティングメンバーを代えすぎるとチーム力が極端に落ちることもあります。
また、外国人選手が合流するチームがどの程度強化されるのかも気になりますし、あまり考えたくはありませんがこの先主力メンバーにケガ人が出ないとは限りません。

まだまだ不安定要素たっぷりです。
だからこそチームをサポートする声援が大切になって来るんだろうと思います。
先頭を走る川崎・名古屋に一泡吹かせるチームはいったいどこなのか?優勝争いするチームを少しは慌てさせたいところです。
コロナ禍の中で観戦できる有難さを嚙み締めつつも、サポーターとしては試合結果に一喜一憂する日々が続きます。(正直寝つきが悪い日もあります・・)
2か月後の順位はいかに⁈

最後までお読みいただきありがとうございました。
では、また。

created by Rinker
¥1,650 (2021/09/17 03:14:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました