【GLIM SPANKY】新譜The Goldmine紹介

趣味

こんにちは。みのむしチャンネルです。
今回は11月15日にリリースされたGLIM SPANKYの7枚目のアルバム「The Goldmine」を紹介させていただきます。

スポンサーリンク

GLIM SPANKYってどんなバンド?

男女二人組ロックユニット。2007年結成。2014年メジャーデビュー。2018年日本武道館ワンマンライブ開催。同年「FUJI ROCK FESTIVAL」GREEN STAGE出演。
ドラマや映画、アニメなどの主題歌を多数手掛け、ももいろクローバーZや上白石萌音、DISH//、野宮真貴、バーチャルシンガーの花譜など、幅広いジャンルで他アーティストへの楽曲提供も行っている。【CD帯より引用】

GLIM SPANKYの紹介は以前このブログでも投稿しているので合わせてご覧ください。

GLIM SPANKYを知らない人にはとにかく一度音を聴いて欲しいです。人には好き好きがあるので好きになれない人も当然いるとは思いますが、一度もこの音に触れずに通り過ぎてしまうのは非常にもったいないことです。是非一度騙されたと思って聴いてみてください。

古くて新しい、そして新しいのに何故か懐かしい、日本語ロック!
それがGLIM SPANKYです。

2018年日本武道館ワンマンライブの動画を貼っておきます。

GLIM SPANKY – LIVE AT 日本武道館(2018.5.12)YouTube Music Weekend

このライブには筆者も行きましたが、驚くべきはその客層の広さです。
お年寄りから若者まで、そして家族連れ、はたまた外国籍の方・・こんなバンドはあまりないのではないでしょうか?音を聴いて気に入った人は是非勇気を出してライブ会場にも足を運んでみてください。

そして今回紹介する新譜「The Goidmine」の動画も貼っておきます。

GLIM SPANKY – 7th Album 『The Goldmine』 全曲試聴映像

収録曲

01.The Goldmine
02.Glitter Illusion
03.光の車輪
04.ラストシーン
05.真昼の幽霊(Interlude)
06.Summer Letter
07.Odd Dancer
08.愛の元へ
09.不幸アレ
10.Innocent Eyes
11.怒りをくれよ(jon-YAKITORY Remix)

「The Goldmine」感想

・松尾レミさんの天使の歌声と亀本さんのクールでカッコいいギターは、相変わらず正しくロックしていて嬉しくなっちゃいます。
・音の広がりが素晴らしく、各楽器やボーカルの音の粒立ちがはっきりしているので是非ヘッドホンステレオで聴いてみて欲しいです。
・アコースティックギターの音が好きです。個人的には「05.真昼の幽霊」がたまりません。60-70年代のロックが好きな自分はダダハマりです。

created by Rinker
Universal Music
¥4,101 (2024/05/22 02:31:46時点 Amazon調べ-詳細)

2022年12月21日に三軒茶屋の昭和女子大学人見記念講堂で開催されたライブDVDも付いています。ライブのレポートも投稿していますので興味のある方はどうぞ。
ちなみにユーミンもGLIM SPANKYのファンで観に来られていたようですよ💛

みのむし
みのむし

最後までお読みいただきありがとうございました。では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました