【簡単男料理】にらの納豆和え

こんにちは、みのむしチャンネルにようこそ。

ようやく見つけた究極の手抜き料理本による料理チャレンジを投稿させていただきます。

スポンサーリンク

調理チャレンジの背景

台所に立たないどこか包丁が使えない・洗い物も大嫌いな私が、なぜ料理チャレンジを始めたのか?その理由は以下の通りです。

◆夕食に毎日1,000円前後使っているのでこれを削減したい(飲み物代は別)
◆肉類のお惣菜が多く野菜不足になりがち

みのむし
みのむし

安い食材で美味しく調理出来て美味しいお酒が飲めたら最高です!

お勧めの料理本

私が自信を持ってお勧めする料理本はこちらです。
『ずぼら1分ごはん』

created by Rinker
マガジンハウス
¥1,320 (2021/09/18 00:22:34時点 Amazon調べ-詳細)

本書の主な特徴は以下の4点です。
包丁は使わずに手かハサミだけ
使う道具は3つだけ(ハサミ、耐熱皿、保存袋)
・すべての準備が60秒(加熱はレンジかフライパンか炊飯器の3通り)
洗い物を極力少なく

みのむし
みのむし

運命の料理本と巡り合うことが出来ました。
これなら私でも何とかなりそうです。
「包丁使わない」は正にキラーワードDEATH!

にらの納豆和え

納豆大好きな私が選びました。個人的に「おかめ小粒納豆」のファンです。

食材&調味料を準備

約2分で完成です。

納豆好きの私としては“食材全部入れてから混ぜ合わす”がどうも気乗りせず、納豆単体で粘りを十分出してから他の食材をブレンドしました。「納豆+砂糖」の出来上がりイメージが出来なかったのですが、最終的には挑戦してみて良かったと言える味でした。調理本通り身を委ねてみるのも良いですね。

食材にかかった費用は、
納豆  32円
にら  20円
合計  52円

みのむし
みのむし

なお、調理方法は「ずぼら1分ごはん」をご覧ください。

まとめ

・世の中には恐ろしく簡単な手抜き料理本が存在した
・ますはこの本の料理を一通り作り夕食代を安く上げたい
・今回作った料理「にらの納豆和え」の自己採点は『9点』です(10点満点評価)

食費削減率発表

この恐ろしく簡単な料理本によって1ヵ月間(5/1~5/31)自炊をした結果を発表します。
自炊前後の夕食代は・・

4月以前 ¥30,000‐
5月   ¥22,000‐
実に27%の食費削減に成功しました!

5月は家に揃っていなかった調味料もたくさん買ったので実際は30%以上削減できたと思います。
反面、作ったものを食べきったため体重は+1.5㎏増加しました(汗)

みのむし
みのむし

元々が使いすぎなんですよね。酒を飲むために食べるという構図なので、お酒やめればもっと削減できるのですが・・

まっ、それはやめときましょう!少ない楽しみの1つなので。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
今後も料理に挑戦し投稿させていただきます。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました